問い合わせフォーム

事業者情報の削除の要望について

事業者情報の削除のご要望については、(1)営利目的※にイベントを開催している、(2)ネット上で情報公開している事業者については、お受けいたしかねますので、ご了承下さい。
近年の食べログと飲食店の訴訟で店舗情報の削除の請求が棄却されているように、ネット上に情報を公開している事業者の基本情報のポータルサイトへの掲載は、合法であり、表現の自由の範囲内と考えています。
また、著作権の定義は「言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他的に支配する財産的な権利」であり、事業者の基本情報は、「思想・感情を創作的に表現」したものではないことから、当サイトの引用行為は著作権を侵害していないと考えます。

※外部から営利目的か非営利目的かは判断できないので、金銭が介するかどうかで判断しています。

口コミ削除要望について

違法な口コミ・事実と異なる誹謗中傷については、ご要望があれば、確認の上削除させていただきます。
ただ、ユーザーには表現の自由があり、違法性のない口コミ(「スタッフの対応が良くないと感じた」、「男女比率が偏っていると感じた」というような個人の感想など)についての削除要望は慎重にご対応いただくようにお願いします。
違法性のない口コミの削除を行った場合、ユーザーの悪印象が高まるだけではなく、表現の自由の侵害となる恐れがあります。
また、口コミの削除要望について、近年下記のような司法判断がありました。
事業者に不利益になる口コミも合法となるケースが多いようです。

インターネット上で飲食店の評判を投稿するサイト「食べログ」の否定的な書き込みで客が激減したとして、北広島市で飲食店を経営する札幌市の男性が、サイトを運営するカカクコム(東京)に書き込みの削除を求めた訴訟の控訴審判決で、札幌高裁(岡本岳裁判長)は23日、男性の控訴を棄却した。

 判決理由で岡本裁判長は「社会的に相当性を有する口コミ投稿ならば、営業上の損失が生じたとしても甘受すべきだ」と述べた。

北海道新聞 2015年6月23日

フォームを利用される際、(1)削除を希望する書き込み、(2)削除を希望する理由(事実と異なる書き込みならその根拠)を明記していただければと思います。削除を希望する理由の記載がない場合は、一切削除に応じかねますので、ご了承下さい。
内容を確認の上削除するかどうか判断させていただきます。

問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    電話番号

    住所

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文



    ↓結婚相談所ランキング1位無料資料請求↓
    成婚率NO1(28.6%)

    カテゴリー

    最新の口コミ

    • Loading...
    ページ上部へ戻る