婚活を成功させる秘訣:婚活の目的と婚活中の目標設定を明確にする

カレンダー

はじめに

あなたは、目的を持って婚活を行っていますか?
婚活は、文字通り結婚するための活動です。
活動を行う中で、常に意識をしておくべきなのは、婚活をする目的ではないでしょうか?

結婚そのものをゴールにしない

結婚そのものはゴールではありません。
結婚そのものをゴールとしてしまうと、結婚を手にした後に幸せを得られないでしょう。
結婚を通じて何を得たいのか(結婚する目的)が重要だと思います。

  • 可愛い子供
  • 精神的な安定
  • 性欲を充たす
  • 両親を安心させたい
  • 配偶者の収入や財産
  • 家業を手伝わせたい
  • 容姿の優れたパートナーを自慢したい
  • 伝統的な価値観
  • その他

色々な目的が考えられるし、目的は一つではない場合も多いでしょう。
どんな目的であれ、価値観の問題であり、それが悪いとか良いというものではないと思います。

ただ、目的を忘れたり、ぶれたりすると、結婚が成功しても自分の本当に望んだ結果にならない可能性があるのです。
「パートナーの外見にこだわっていたが、妥協して好みではない人と結婚して、結婚生活がうまくいかない」、「子どもが欲しいと思って結婚したが、パートナーが子供嫌いだった」といった事例はよくあるのです。
それは、目の前の結婚を意識し過ぎて、目の前の人と結婚した後にどうなるのかという意識が弱くなってしまうことで起こりがちです。

自分が何を目的に結婚するのか、どの条件なら譲れて、どの条件が譲れないのかを明確にした上で、婚活をすることをおすすめします。
婚活で結果が出ないことでモチベーションが下がることもありますが、結婚した後に得られるものを意識することは、モチベーション維持にもつながるでしょう。

女性

婚活の目標設定

婚活の目的が決まったら、活動中の目標設定をしましょう。
婚活は一つのプロジェクトと考えることができます。
プロジェクトと考えると、数値目標・納期・予算を考えなければなりません。

「結婚」するためには彼氏彼女を作る必要があります。
彼氏彼女を作るためには異性を知りあう必要があり、異性を知りあうためには、婚活パーティーなど、結婚を意識した異性が多くいる場所に参加する必要があります。
このように大きな目標を達成する上で、小さな目標(中間目標)をいくつも達成しなければなりません。

より具体的に考えてみます。
彼氏彼女を作る場合を考えてみましょう。
友人の10人に1人が彼氏彼女になれるなら、最低10人の異性の友人が必要があります。
そして、連絡先を教えてくれて、やり取りが長く続く異性が出てくる確率が1/10なら、100人の異性に連絡先を聞く必要があります。
仮に、3年以内に結婚したいと考えいていて、彼氏彼女になってから1年以上しないと結婚できないとするなら、「2年以内に100人の異性に連絡先を聞いて、10人の異性の友人を作る」という目標が設定できるのです。

また、予算は無尽蔵にある訳ではありません。
目標を達成するために、どれくらいの予算をかけられるか、予算内でどうすれば最大の効果が出るのかを意識しなければ、婚活パーティーやデート代で無駄にお金を使ってしまうことにもなりかねません。
いわゆる婚活貧乏です。
予算は常に意識するべきでしょう。

おわりに

恋愛や結婚を心の問題なので、あまり数値目標を考えないかもしれませんが、結果を出すには論理的に考えることも大事だと思います。
いつまでにどの程度の予算で何を達成させるのかを意識してみては如何でしょうか?

↓結婚相談所ランキング1位無料資料請求↓
成婚率NO1(2016年度:28.6%)

カテゴリー

最新の口コミ

  • Loading...
ページ上部へ戻る